高精度の事務管理能力

 知的所有権に関するサービスは、特許庁等の行政庁、裁判所等との手続きが主となるものですが、作成する書類の内容は勿論のこと、その事務管理の質にも高いレベルが要求されるものと考えます。
 当所では、手続書類のチェック、手続後の処理、データ化等の事務管理を標準化し、迅速かつ確実な処理を行っています。特に、中間手続、年金納付等の各種期限管理については、細心の注意を払い、最新の管理ソフトウェアを駆使しつつ鉄壁の管理を推進します。
 当所の事務管理は、創業以来、クライアント企業からの高い評価をいただいております。
 また、地震、火災等の災害による万一のデータ損失の危険性に対しても万全を期しております。各案件の管理データ及び各担当者のパソコンのデータにつきましては、定期的にサーバにバックアップさせ、同時に耐震・耐火性のストレージ内へ保管しております。